読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過保護な中学英文法

中学1年から3年までの英文法を詳しく過保護と思われるくらい丁寧に説明します。

中学1年 英文法②-1 一般動詞

 

このブログのbe動詞の説明の一番最初に、英語の動詞にはbe動詞一般動詞があるって説明したね。

 

be動詞の方は、前回で詳しい説明はすべて終了したので、今回からしばらくの間は一般動詞の説明をするよ。

 

ただ、be動詞の話を少し交えながらの方が一般動詞の説明が理解しやすいと思うのでそうするね。

 

be動詞にはam,are,isがあって「~です。」「~いる(ある)。」という意味で、肯定文(普通の文)では、be動詞は主語の後に来る、主語+be動詞の形になるって説明したよね。

 

今日みんなに教える一般動詞も、肯定文(普通の文)では主語の後に一般動詞が来る、主語+一般動詞という形になるんだ

 

ただ、覚える単語の数に関しては、be動詞は、am,is,areの3つを覚えておけばいいだけだけど、一般動詞は、be動詞以外の動詞で、主に様々な動作をあらわす動詞だから、ものすごくたくさん覚えないといけないんだ。

 

もちろん、be動詞と違ってそれぞれの単語の意味も違うんだ。

 

それで、中学1年で最低限覚えておいたほうがいい一般動詞を少し下に載せておいたので時間があるときに覚えておいてね。

 

覚えるのが大変だと思う人は、無理に覚えようとしなくても毎日一通り眺めるだけでも少しずつ頭に入ってくるよ。

 

ただし、このやり方はテスト前にはお勧めしないよ。時間に余裕があるときだけだよ。

 

もちろん、単語を見て、何度も紙に書いて、それらの単語を声に出して読みながら勉強するのが一番いいけどね。

 

どうしても無理って思う人は、さっきも言った無理に覚えようとせず毎日一通り見るやり方をしてみてね。

 

一般動詞

(中学1年で最低限覚えておいたほうがいい一般動詞

 

run( ラン) 走る

eat(イート) 食べる

swim(スイム) 泳ぐ

help(ヘルプ)助ける、手伝う

read(リード) 読む

smile(スマイル) 笑う

study(スタディー) 勉強する

look(ルック) 見る、~に見える

want(ウォント) 欲しい、欲する

speak(スピーク) 話す

have(ハヴ) 持つ、食べる、(動物を)飼う

use(ユース) 使用する、使う、利用する

go(ゴー) 行く

tell(テル) 言う、伝える

talk(トーク) 話す、話をする

stop(ストップ) 止まる、止める

stand(スタンド) 立つ

sing(シング) 歌う

sit(シット) 座る

write(ライト) 書く

work(ワーク) 働く

visit(ヴィズィット) 訪問する

walk(ウォーク) 歩く

ask(アスク) たずねる、頼む

come(カム) 来る

catch(キャッチ) 捕まえる

cry(クライ) 泣く、叫ぶ

cook(クック) 料理する

do(ドゥ) する

enjoy(エンジョイ) 楽しむ

meet(ミート) 会う

open(オープン) 開ける

see(シー) 見える、会う

collect(コレクト) 集める

drink(ドゥリンク) 飲む

like(ライク) 好き、好む

send(センド) 送る

wash(ウォッシュ) 洗う

move(ムーヴ) 移動する

ride(ライド) 乗る

make (メイク) 作る

watch(ウォッチ)(映画やテレビなどを)見る

leave(リーヴ) 去る

learn(ラーン) 学ぶ

get(ゲット) 手に入れる

put(プット) 置く

stay(ステイ) とどまる、滞在する

try トライ 試みる、試す

give ギブ 与える

need ニード 必要とする

live リブ 住んでいる、住む、暮す、生きる

know ノウ 知っている、知る

take テイク 持っていく、獲得する

play プレイ (スポーツを)する

      (楽器を)演奏する、遊ぶ

 

それじゃあ次は一般動詞を使った例文を紹介するね。

 

I    like     baseball.(私は野球が好きです。)

↑   ↑

主語 一般動詞

You   cook   every morning.(あなたは毎朝料理を

                します。)

↑    ↑

主語 一般動詞

 

I     live    in  Kawasaki.(私は川崎に

                住んでいます。)

↑   ↑

主語 一般動詞

Taro and Hanako  go  to school everyday.(太郎と花子

↑        ↑      毎日学校に行きます。)

主語      一般動詞

 

※ baseball=野球 every morning=毎朝 

  to=~に   school=学校 everyday=毎日   

     and=~と~ 

 

さっきも説明したように肯定文(普通の文)では、be動詞の肯定文(普通の文)と同じで、主語の後に一般動詞が来てるのがわかるね。

 

また、肯定文(普通の文)では、be動詞をつかった文も、一般動詞を使った分も単語の並べ方は基本的に同じだということがわかるね。

 

それじゃあ(中学1年 英文法②-1 一般動詞)の説明を終わるねけど知識の整理のために下の整理問題1,2を解いてみてね。

 

整理問題1

 

①~⑤に適切な言葉を入れなさい。

 

英語の動詞には(①)と(②)がある。①、②共に肯定文(普通の文)では(③)の後に置かれる。(④)は主に様々な動作を表す動詞であるため(⑤)より数が多い。

 

整理問題2

 

次の英文①~④を正しい順に並べなさい。

 

①【watch ,TV , everyday ,I】.

(私は毎日テレビを見ます。)

 

②【speak,English,You】.

 (あなたは英語を話します。)

 

③【and,Hiroshi,Kaori, play, tennis】.

 (博司と佳織はテニスをします。)

 

④【English,study,everyday,I】.

 (私は毎日英語を勉強します。)

 

※ TV=テレビ

 

 

 

 

整理問題1の答え。

 

①、② be動詞、一般動詞(順不同)

 

③ 主語

 

④ 一般動詞

 

⑤ be動詞

 

整理問題2の答え。

 

① I watch TV  everyday.

 

② You speak English.

 

③ Hiroshi and Kaori play tennis.

 

④ I  study  English everyday.