読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過保護な中学英文法

中学1年から3年までの英文法を詳しく過保護と思われるくらい丁寧に説明します。

中学1年 英文法③-2 疑問詞 what

今回は疑問詞whatの疑問文について説明していくよ。

前回の説明と少し被るところがあるけど疑問詞のところは三人称単数現在と同じくらい大切なところだから更に詳しく説明していくね。

疑問詞を使った疑問文の基本は疑問詞の後に普通の疑問文(be動詞や一般動詞の疑問文)を入れるだったね。

疑問詞+be動詞の疑問文

疑問詞+一般動詞の疑問文

大まかにいえば①、②の形になるんだけど

もう少し詳しく言うと

①なら【what(疑問詞)+be動詞+主語・・・?の形になり

例文1のように

例文1  What is this?(これはなんですか。)

と疑問詞を文頭に置いて

is thisを逆にした形(be動詞+主語)

になり

②なら【what(疑問詞)+do(does)+主語+一般動詞(原形)・・・?】の形になり

例文2のように

例文2  What do you have for breakfast?

(あなたは朝食に何を食べますか。)

have~ for breakfast=朝食に~を食べる

と疑問詞を文頭に置いて

 do you haveとyouの前に主語の前にdoを置く形

(do<does>+主語+一般動詞<原形>)

になるよ。

これは①、②の共通の説明で音読に関してだけど

文の最後は普通の疑問文(be動詞や一般動詞の疑問文)のように

上げて読まないよ。

そして、疑問詞を使った疑問文の答え方なんだけど

質問された側は普通の疑問文(be動詞や一般動詞の疑問文)のように

yesやnoで答えることができないよ。

例文1のように

What is this?(これはなんですか。)

って聞かれた場合

例えば、それが日記帳なら

It is a diary.(それは日記帳です。)

と答えるよ。

例文2のように

What do you have for breakfast?

(あなたは朝食に何を食べますか。)

と聞かれた場合

例えば、あなたがご飯とみそ汁を食べるなら

I have rice and miso soup.

(私はご飯とみそ汁を食べます。)

と答えるよ。

for breakfastは言わなくてもわかるので省略するよ。

次は連語の疑問詞、連語のwhat(what + 名詞)について説明していくね。

whatは名詞と組み合わること(what + 名詞)

様々な連語の疑問詞を作ることができるよ。

代表的なものが

what time 何時

what day 何曜日

what color 何色

等だよ。

そして例えば

今何時かを時間を聞くときは

例文1のように

例文1 What time is it now?(今何時ですか?)

となるよ。

日時や曜日を聞くときはitを用いることがあるんだけど

この時の itは日本語に訳さなくていいよ。

だから今日が何曜日かを聞くときも

例文2のように

例文2  what day is it today?

(今日は何曜日ですか?)

となるよ。

答えるときは

何度でも言うけど疑問詞を使った疑問文では

質問された側はyesやnoで答えないよ。

例文1のようにWhat time is it now?

(今何時ですか?)

とたずねられ

もし7時なら

It’s  seven.(7時です。)

※it’s=it is it hasの短縮形

と答えるよ。

例文2のように

例文2  what day is it today?

(今日は何曜日ですか?)

とたずねられた場合は

もし月曜日なら

It’s Monday.(月曜日です。)

と答えるよ。

それで上の2つ例文はただ単に日時や曜日をたずねていたんだけど、

「あなたは何時に〇〇しますか。」

という疑問詞を使った疑問文を作りたい場合

例えば

「あなたは毎朝何時に起きますか。」

という疑問詞を使った疑問文にしたい場合

下の例文3のように

例文3 What time do you get up every morning?

(あなたは毎朝何時に起きますか。)

※get up=起きる

というふうに

連語の疑問詞の後に一般動詞の疑問文を置く形にするよ。

「あなたは何曜日が好きですか。」

という疑問詞を使た疑問文を作りたい場合は

下の例文3のように

例文3 What day do you like?

(あなたは何曜日が好きですか。)

というふうに

連語の疑問詞の後に一般動詞の疑問文を置く形にするよ。

例文3のように

What time do you get up every morning?

(あなたは毎朝何時に起きますか。)

って聞かれた場合

例えば、あなたが6時に起きるのなら

I get up at six.(私は6時に起きます。)

※at six=6時に

と答えるよ。

every morningは分かりきってることなんで省略するよ。

例文4のように

例文4 What day do you like?

(あなたは何曜日が好きですか。)

と聞かれた場合

例えば、あなた金曜日が好きな場合

I like Friday.(私は金曜日が好きです。)

と答えるよ。

そして次はちょっと難しんだけど

例えば下の例文5のように

例文5  Monday comes after Sunday.

(月曜は日曜の後に来ます→日曜日の次は月曜日です。)

※after=~後に、~次に

という英文があって

赤色のMondayつまり主語部分をたずねたいときは

✖【what(疑問詞)+do(does)+主語+一般動詞(原形)・・・?】

にするのではなくて

【what( 疑問詞)+動詞・・・?】

(※連語の疑問詞の場合は疑問詞の後に名詞を置くよ。)

の形になるよ。

例文5のように主語の部分を聞きたいときだけは

✖【what(疑問詞)+do(does)+主語+一般動詞(原形)・・・?】

の形にならないので注意してね。

だから例文5を疑問詞を使った疑問文にするには

What day comes after Sunday?.

(何曜日が日曜日の後に来ますか。→日曜日の次は何曜日ですか。)

となるよ。

※what dayは3人称単数なのでcomeの後にsがくっつくよ。

(疑問詞の後に普通の一般動詞を使った疑問文の場合は

   主語の前にdoesをくっつける代わりに

   一般動詞はsやes等がつかない原形になるよ。)

そして答えは月曜日なので

Monday does.

(月曜日が来る→月曜日です。)

になるよ。

after Sundayは省略できるよ。

そして、これは英語のルールなんだけど

主語が答えの場合は

一般動詞の代わりにdoやdoesを用いる(Mondayは三人称単数だからdoes)だよ。

これで(中学1年 英文法③-2 疑問詞 what)の説明を終わるけど

知識を整理するために整理問題1.2を解いてね。

整理問題1

①~⑨に適切な単語を入れよ。

(1)

 What is this?(これはなんですか。)

(①)(②) a book.(それは本です。)

(2)

(③)(④)(⑤)(⑥)after dnner?(あなたは夕食後何を勉強しますか。)

 (⑦)(⑧)(⑨).(私は英語を勉強します。)

整理問題2

①~⑯に適切な単語を入れよ。

(①)(②)(③)(④)like?(あなたは何色がすきですか?)

(⑤)(⑥)(⑦).(私は青色が好きです。)

(⑧)(⑨)(⑩)(⑪)go to bed?(あなたは何時に寝ますか。)

go to bed=寝る

(⑫)(⑬)(⑭)(⑮)(⑯) ten .(私は10時に寝ます。)

整理問題1の答え。

①It

②is

③What

④do

⑤you

⑥study

⑦I

⑧study

⑨English

整理問題2の答え。

①what

② color

③do

④you

⑤I

⑥like

⑦blue

⑧What

⑨time

⑩do

⑪you

⑫I

⑬go

⑭to

⑮bed

⑯at