過保護な中学英文法

中学1年から3年までの英文法を詳しく過保護と思われるくらい丁寧に説明します。

中学1年 英文法⑥-1 助動詞can 肯定文

助動詞 can 肯定文

今回は助動詞 can(肯定文)の説明をするよ。

助動詞とは動詞を助ける品詞のことだよ。

canの意味は「~することができる。」だよ。

(主語+can+動詞の原形・・・.)の型で「主語は~することができる。」という意味になるよ。

canは主語と動詞の間に置くこととcanの後の動詞は必ず原形になるということを覚えておいてね。

それでは例文を見てみよう。

例文1

現在形の肯定文

He plays baseball.

(彼は野球をする。)

canの肯定文

He can play baseball.

(彼は野球をすることができる。)

例文2

現在形の肯定文

She speaks English.

(彼女は英語を話す。)

canの肯定文

She can speak English.

(彼女は英語を話すことができる。)

 

上の例文1、2のように現在形の文では「彼は野球をする。」、「彼女は英語を話す。」という意味だけど主語と動詞の間にcanを挟んですぐ後ろの動詞を原形にすることで「彼は野球をする ことができる。」、「彼女は英語を話す ことができる。」という意味になるよ。

それではこれで中学英文法⑥-1助動詞can肯定文を終えるね。

知識の整理のために下の整理問題を解いてみよう。

整理問題

(  )内に適切な英単語を入れなさい。

(1)(2)(3)(4).

(久美はテニスをすることができる。)

(5)(6)(7)French very well.

(彼はとても上手にフランス語を話すことができる。)

1.Kumi

2.can

3.play

4.tennis

5.He

6.can

7.speak





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボカロで覚える中学理科 [ 学研プラス ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中学理科用語をひとつひとつわかりやすく。 [ 学研教育出版 ]
価格:1134円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)