過保護な中学英文法

中学1年から3年までの英文法を詳しく過保護と思われるくらい丁寧に説明します。

中学1年 英文法⑧-2名詞の複数形 数を表す語+名詞の複数形

名詞の複数形 数を表す語+名詞の複数形

今回は名詞の複数形 数を表す語+名詞の複数形について説明をするよ。

名詞の前には数を表す語がしばしばつくよ。そして、その語が2つ以上、2人以上を表す場合には名詞が複数形(名詞にsなどがつく)になるよ。

「1冊の本」だったらone bookだよ。

「2冊の本」ならtwo booksでbookの後ろにsがつくよ。

「3冊の本」ならthree booksでbookの後ろにsがつくよ。

さっきも説明したけど単数の時はsがつかずに複数の時には名詞の後ろにsがつくよ。

そのほかmany(たくさんの)、some(いくつかの)にくっつく名詞にもsがつくよ。「たくさんの」とか「いくつかの」って意味は、数ははっきりしてないけど2つ以上、2人以上を意味してるから名詞の後ろにsなどがつくよ。

それで、今出てきたsomeなんだけど、「あなたはに毎朝いくつかのリンゴを食べます。」だったらYou eat some apples every morning.なるよ。

けれども、疑問文の「あなたは毎朝いくつかのリンゴを食べますか。」だったらDo you eat any apples every morning. になり、否定文の「あなたは毎朝リンゴを全く食べません。」だったらI don’t eat any apples every morning.になるよ。

これにはルールがあって、肯定文にはsome、疑問文、否定文にはanyを使うよ。

そして肯定文のsomeと疑問文のanyは「いくつかの」って言う意味だけど、

否定文のanyはnot~anyで「まったく~ない」という意味になるよ。



someとanyのまとめ



肯定文 some (いくつかの)

疑問文 any  (いくつかの)

否定文 any  (まったく)



someとanyは少しややこしいので、少しずつ覚えていってね。



それではこれで【中学1年 英文法⑧-2名詞の複数形 数を表す語+名詞の複数形】の説明を終えるね。

知識の整理のために下の整理問題を解いてみよう。

整理問題

(  )内に適切な英単語を入れなさい。

(1)(2)(3)(4).

(私は2冊のノートをもっています。)

(5)(6)(7)(8)(9)(10).

(私は毎朝いくつかのオレンジを食べます。)

(11)(12)(13)(14)yesterday.

(私は昨日3冊の本を買った。)

(15)(16)(17)(18).

(私はリンゴがいくつか欲しい。)







整理問題の解答

1.I

2.have

3.two

4.notebooks

5.I

6.eat

7.some

8.oranges

9.every

10.morning

11.I

12.bought

13.three

14.books

15.I

16.want

17.some

18.apples



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボカロで覚える中学理科 [ 学研プラス ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中学理科用語をひとつひとつわかりやすく。 [ 学研教育出版 ]
価格:1134円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)